中古物件購入+リノベーションを考える⑤

仕事が始まったとたん、なかなか時間が……。

とはいえ、現状は進んでいます。

ここには、余すことなく書いていくつもりです。

そして、見るたびに「頑張ったな、私…」って浸りたい。

 

 

さて、今回は物件探し。

私たちの場合は、住みたい地域が決まっていたので、狭い範囲の中で探すことに。

今住んでいるところが、なかなかに住みやすいのです。

 

ふと思ったけど、地域から探す人は更に大変なのでは……。

まあ、どこでも住めば都といいますが。

都になるまでが、いろいろありますよねぇ。

 

 

話は戻って、物件探し。

もちろんネットです。

元々、そんなに本気で探していたわけではなかったので。

不動産屋にいくとか、全く考えていませんでした。

 

とはいえ、前にも書いたように、物件にいくら出せて、どんな間取りが良いのかはある程度考えていたので。

駅や地域で検索して出てきた物件を、片っ端から見ていきました。

物件の金額は決まっていましたが、あまり手を入れずに住めそうなら、家を買う方にお金を使ってもいいなと思ったので、金額は設定せずに、情報をひたすら見ていく簡単なお仕事。

〇〇町はどこなのか、地図を片手に、その地域のどのあたりにあるのかを調べたり。

周りの風景をグーグルアースで見てみたり。

間取りを見てここをこうすればいいか、とか、考えたり。

2,3日はお昼ご飯を食べるのを忘れるぐらいに、没頭していました。

 

 

ちなみに、物件のこだわりは。

 

・金額

・広すぎない(延床90㎡以内で考えてました)

・1階に旦那の部屋がほしい(8~10畳ぐらい)

・あまり隣とひっついていない

・日当たり

・間取りを大幅に変えなくて済む

 

この6点。(場所は二の次でした)

 

 

全部で60件ぐらいは見ましたかね。

自分たちの希望に沿う物件は、実はそんなにありませんでした。

広すぎる、フルリフォームせなあかんレベルなのに高い、無駄に部屋が多い、車一台ではちょっと生活できない……など。

まあ、ここならどうかな?と思ったのが、せいぜい7件ほどです。

 

じゃあ、その物件をちょっと見に行こう、とウォーキングがてら、旦那と二人で見に行きました。

やっぱり、見に行くのは正解です。

実際に見に行くと、ここは不便すぎる……だったり、隣と近すぎるだったり。

家の周りの様子だけで、うーんとなってしまうことが多かったんですよね。

 

そんな中で、あ、ここはいいかも!と思ったところが1件。

二人ともが気に入ったので、すぐに内覧を希望しました。

それが、今回話を進めている物件です。

 

築40年ですが、中は意外ときれいでした。

いろいろとDIYの跡がありましたが……。

家の中から見る隣との距離感とか、建物の中のジメジメ感とか、日当たりや風が通るかなど、行ってみないと分かりません!

不動産屋さんと喋って、どれくらい諸費用がかかるかとかを聞いたり。

私が情報を見た日に、実は価格を下げていたことや(実際に他の会社はもう少し高かった)、この不動産屋さんが売り主だと知ると、なんかご縁を感じるなぁと。

そして、若くて明るく感じの良い男性の方だったので、できれば買いたい、という方向で話は進んでゆきました。

 

余談ですが、うちの旦那は、この相手をしてくれている人から物を買うか買わないか、という判断をすることがあるので。

不動産屋さんの方が、微妙だったら流れていたかもしれません……。

 

 

さて、こうやって購入したい物件は決まりました。

が、ここからが本番なんです……。

血反吐を吐くぐらいのしんどさが、やってきます……。

並行して考えることが一気に増えるのです。

 

次は見積もり編か、調べる編になりそうです。

 

 

⑥「リノベの見積もりをお願いする」前編、へ続く